蝦夷_蔵

蔵
増毛の国稀酒造です。
建物が木造でとても立派です。
国稀酒造は明治15年に創業されました。
利き酒コーナーで試飲して・・
國稀のひやおろしを購入しました。

夕張郡栗山町の小林酒造です。
明治11年の創業です。
栗山町は北海道日本ハムファイターズの・・
栗山監督の生活の拠点。
石蔵とレンガ蔵は見ごたえがあります。
ここでは町限定の渡里酉 (わたりどり)を
購入しました。

どちらの酒蔵も本当に立派です。
この日本酒達は・・たぶん合格祝いの酒盛りかな?



にほんブログ村 酒ブログ 今日飲んだ酒へ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

基地キャン_弐

せいりゅう
基地キャンに向かう122号沿いに清龍酒造があります。
ここは日本で唯一の卸業者や小売店を通さない・・
通信販売専門の蔵元です。

ここで日本酒を購入します。
伝と言うお酒です。(主力商品)
麦酒もいいけど何だか日本酒が無性に呑みたいノダ!

宇隆さん友人のハヤトさんにもDENのTATTOOが・・
伝とDENの組み合わせは最高です。
麦酒呑んで日本酒呑んで・・嬉しい!楽しい!!



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

梅雨ミ_その参

梅雨2
梅雨CAMP MEETINGの集合時間の前に・・
秩父市宮側町の酒蔵に行ってきました。

宝暦三年創業の柳田総本店です。
夏限定の武甲正宗の秩父生冷酒を購入します。
これで夜の楽しみが確実に増えます。

キャンプでは・・美味しいモノや美味しい酒で!
夜は長いので酒呑んで盛り上がろう!!
さて・・今日は呑むぞ!!クゥーッ!!”(*>∀<)o(酒)"



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

琉球_蔵

高峰酒造
高峯酒造です。
石垣島の川平湾の近くで遭遇しました。
「伝統的な地釜で蒸留し、手造り泡盛のロマン」がコンセプトです。

泡盛の蔵は科学工場のような場所が多いけど・・
この蔵は結構イイ感じで趣があったョ。
お店の方から色々説明をして頂きました。
”おもと”という3年モノの泡盛を購入して夜頂きました。

今回の琉球の旅では酒蔵はここだけです。
国道から変に外れて・・
蔵との出会いがなかったです。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

川端酒造

川端酒造
行田の酒蔵ツアーその2です。
行ったのは川端酒造です。
創業は安政7年(1860年)です。

少人数の手作業(洗米から仕込み)の為多くは造れないそうです。
地元で売り切るようですネ。
また建造物は江戸時代からのモノで檜と杉で出来ているとか・・

購入したのは、桝川 純米酒です。
日本酒は美味しいね!



にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

横田酒造

横田酒造
行田の酒蔵ツアーその1です。
行ったのは横田酒造です。
創業は文化2年(1805年)です。

近江商人・横田庄右衛門が良い水を求めて
酒屋を開いたのがはじまりだそうです。
兵庫の山田錦、長野の美山錦等の酒米を使用。

行田と言えば”のぼうの城”で有名な忍城があります。
(石田三成軍の水攻めでも落ちなかった城)

購入したのは、日本橋 本醸造 生貯蔵 です。
これからの季節は日本酒ですネ!



にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

蝦夷_蔵

酒蔵
NIKKAの余市蒸溜所です。
思ったより見ごたえがありました。
NHKの朝ドラの影響で見学者が3倍とか・・

小樽の田中酒造株式会社です。
明治32年(1899年)に創業です。
金賞を受賞したお酒、宝川があります。
建物がとても渋いですョ。

同じく小樽の北の誉酒造株式会社です。
明治34年(1901年)に創業です。
ここでしか購入できないお酒がありました。
購入を迷いましたが、荷物になるの断念します。
酒蔵限定品を呑みたかったョ。



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

琉球_蔵

蔵
酒蔵です・・
県内には48酒造所があり、個性溢れる泡盛を造っています。

まずは沖縄定番のOrion麦酒です。(名護市東江)
工程を見学してノンアルコールビールを試飲しましたネ
Orion麦酒には毎晩お世話になりました。

今帰仁酒造です。(今帰仁村字仲宗根)
主力商品が”古里”です。
ゲストハウスの島宿では毎晩お世話になっていました。

ヘリオス酒造です(名護市字許田)
主力商品は”くら”です。
泡盛はクース(古酒)になるため樽で眠っています。
なんと2600個もの樽があるらしい・・

崎山酒造です(国頭郡金武町)
商業者は女性です。主力商品は”松藤”です。
予約なしで行ったけど、ネイさんが色々説明してくれました。
三日麹と言う50度のお酒を買って帰りましたョ・・



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

小川町の酒蔵_終

松岡
小川町・・最後の酒蔵は松岡醸造です。
創業は嘉永4年(1851年)になります。
山田錦等を主原料に地下130mの深層天然水を使用しています。
代表的なお酒は”帝松”になります。

蔵の中は見学できなく、販売お店のみでした。
湘南ナンバーの親子が日本酒を2万円近く購入しました。
遠くから買いにくるんだな~と・・感心したね。

ここでは”帝松の濁り酒”を購入・・
(とっくり&おちょこも買いました)
試食のならずけを食べたけど酔っぱらう位に美味しいネ。
酒蔵巡りはたのしいネ~(^^♪



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

小川町の酒蔵_弐

晴雲
武蔵鶴酒造からわりとすぐ近くにある晴雲酒造です。
小川町は埼玉県の北西部に位置し、武蔵の小京都と呼ばれている。

土蔵の旧仕込み蔵、酒蔵資料館が見学できます。
晴雲酒造のシンボルは煉瓦の煙突です。
(米を蒸すとき使用、18mあったけど現在は半分)
また、テレビ番組(ぶらり途中下車の旅)で放映されたようです。

ここでも生酒を購入しました。
晴雲酒造のとっくりと、おちょこもお土産に・・
素浪人 花山大吉のように酒を呑みませう(*^^)v



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

小川町の酒蔵_壱

武蔵鶴
埼玉県小川町の県内最古の民家(吉田家)の帰りに酒蔵探訪です。
小川町は和紙の里としても有名ですネ。

最初の酒蔵は武蔵鶴酒造です。
(小川町の駅からすぐの場所)
創業は 文政2年(1819)になります。

お勧めのお酒は現在仕込み中です。
蔵の中を見学させてもらいましたが・・
とてもイイ香りが充満しています。
12月中には新酒が出るので電車で試飲に来なさいと言われました。
ここでは普通の生酒を購入して帰りましたネ!



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

横関酒造

R254沿い
横関酒造です。
埼玉県児玉郡(群馬に近い)のR254沿いにあります。
わんこがいたけど、やたら吠えられました。

創業は明治13年(1880年)になります。
明治13年と言うと君が代が作曲され・・
日本最後の仇討ち(臼井六郎仇討事件)がありました。

購入したお酒は”天仁”の上撰(昔の一級酒)です。
”天仁”は脇を流れる天神川にちなんで命名されたようです。
このお酒はアルコール度数が20度あります。
どんな味なのか・・とても楽しみです。



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

秩父 その参

秩父の酒
秩父の酒蔵へ向かいます。
秩父の名峰武甲山を酒銘とした武甲正宗の醸造元 です。

武甲正宗の醸造元、柳田総本店は創業は宝暦三年(江戸中期)らしいです。
この建物は今年で201年たっているそうです。
国指定登録有形文化財に指定(平成16年)されました。
良質の水を求め数度の移転を経てここに店を構えたとか・・
建物も歴史があってとても渋いですネ!

ここで購入した日本酒は・・
特別純米酒 無濾過生原酒"のんべえ"です。
後日、美味しく頂きましたョ。めでたしめでたし・・



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

灘の酒蔵

酒蔵
中華街で乾杯の後は・・しんちゃんは仕事の関係で帰路に・・
引き続き、ブロ友のむらさんと灘の酒蔵探訪です。

灘には沢山の酒蔵があります。
灘五郷と呼ばれ、魚崎郷、御影郷、西郷などの地域?ごとに酒蔵があります。
むらさんと自分は体力と時間の限り勝負します!!

まずは櫻正宗(櫻宴)の”涼風しぼりたて 純米酒”を頂きます。
季節限定ですっきりして呑みやすいネ!

次は菊正宗に向かいます。ここの資料館がそれなりに良かったネ。
市販されていない生原酒(20度)が美味しかった。

浜副鶴で呑んだン生原酒は??でした・・
酔っぱらったおっさんが店の人に絡んで怒っていました。

福寿が一番良かったかな?
ここでしか購入できない”蔵直採り生酒”です。これが美味い!!
専用の瓶を買ってここで入れてもらう・・瓶は何度でも使用が可能です。
また凍結酒(シャーベットの日本酒)も美味しいネ!⇒画像なし・・

時間が少々遅くて白鹿酒造などが閉店になっていましたが・・
楽しく酔っぱらいながら回れました!酒蔵巡りはとても面白いネ!!



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

秩父菊水酒造所

秩父小次郎
梅雨ミーティングの番外編です。
タイセー秩父菊水酒造所です。
ミーティングに行く前にここで日本酒を購入します・・

秩父菊水酒造所は1625年(寛永2年)から380年もの歴史を持つ蔵です。
(創業の肥土酒造”元東亜酒造”がはじまり)
昔ながらの手造り製法を守った芳醇なお酒を造ります。

秩父小次郎 本醸造  夏生 生貯蔵酒を購入しました。
(秩父小次郎は蔵元の御祖先の名前に由来しています)
梅雨ミーティングで呑んだけど・・
思った以上にすっきりして美味しいお酒でした!!
おかげさまで・・完璧な酔っ払いになれました(笑)



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

清酒力士

力士
”清酒力士”醸造元の釜屋です。
場所は加須市にあります。
創業は寛延元年(1748年)だそうです。

代表的なお酒の名前は”力士”といいますが・・
相撲取りの力士からではないようです。
(中国の詩人”李白”の詩から取ったようです)

TVドラマ”JIN”でこの蔵で撮影がありました。
ペニシリンを作る建物で使われていましたネ・・
また、昔は麦酒を造っていて、日本プロレス界の父の・・
力道山がCMをしていたそうです。

純米吟醸酒槽取り 釜屋 雫滴(しずく)を購入しました。
今の季節限定で、蔵でしか呑めない味だそうです。
呑むのが楽しみです!!



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

寒梅

乾杯?
寒梅酒造株式会社です。
場所は久喜市にあります。
久喜の駅近くの住宅地にあります。
古い酒蔵の建物はありませんでした。
創業は寛延元年(1748年)だそうです。

寒梅は新潟に越乃寒梅というお酒があります。
寒梅という名前はこちらのお店が早いそうです。
新潟の酒は越乃+寒梅になったそうですネ。

冬から春・・限定の濁り酒を購入しました。
(寒梅 本醸造 槽前 にごり生酒)
熱処理をしてないので、開封時吹き出し注意 とありますネ
呑むのが楽しみです!!



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

鈴木酒造

万両
Pan嬢さんを迎えに行った帰りに・・
岩槻の鈴木酒造へ行ってきました。
岩槻は人形の街でですネ。
室町時代に岩槻城が築かれて、日光御成道の宿場町でした。

鈴木酒造の創業は明治四年(1871年)・・
高精白の山田錦を使用し、秩父水系の伏流水(地下水)を使っているようです。
酒蔵を改装を改装した酒蔵資料館を見学できます。
蔵の梁が立派です・・また、昔ながらの道具達が展示されています。

”極上万両 大吟醸”は全国新酒鑑評会にて金賞を受賞したそうです。
お土産には、”万両 初しぼり”を購入しました。
やや辛口でしぼりたての爽やかな香りが・・
日本酒は美味いね~!クゥーッ!!”(*>∀<)o(酒)"



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

清龍酒造

純米大辛口・・伝
清龍酒造です・・
122号線沿いにあります。
創業150年の長い歴史があります。
代表的なお酒は純米大辛口”伝”です。

馬繋ぎ場があります。
昔・・荷馬車を引いた人たちの休息を兼ねた場所です。
馬でお越しの方、ここにお繋下さい  の看板がイイ!
本当に馬で行くと飲み放題!食べ放題のサービスがあります。

新酒の仕込みが始まったようです・・
また首都圏に十店舗、蔵元居酒屋清龍があるようです。
これからの季節は日本酒を呑んで気絶だな~(笑)



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

新亀酒造

新亀
普通・・蔵元は古い重厚な建物だったりするけど・・
新亀酒造は住宅地の真ん中にポツリとありました。
気が付かない人も多いかも??
酒蔵の前の酒屋で場所を再確認しました。

新亀は酒造界では一目置かれた酒蔵です。
酒蔵は地味なでしたが、お酒はピカイチですョ~
米の旨みとコクを追求したお酒です。

新亀の中でも”純米にごり”もお勧めです。
米粒シャンパンのようで他にはない日本酒です。
(温度管理で破裂する危険性アリ!)
一度呑んでみては・・ヤミツキになるよ~!



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

石川酒造

八重の櫻?
東京都福生市の醸造所、石川酒造です。
日本酒や地ビールの製造販売などをやっています。

文久3年(1863年)熊川の地に酒蔵を建ててから現在まで130年余り・・
100年以上前に建てられた蔵の中で酒造りを行っています。
長屋門を初め蔵が素晴らしいね!

日本酒は”多満自慢”が主力商品のようです。
(多摩の恵と言う地麦酒もあります)
お土産に購入したのは”たまの八重の櫻”です。
呑むのが楽しみですね~(笑)



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

蝦夷”おまけ”

北の酒蔵
七月に蝦夷地ツーリングのおまけのお話です
日本最北の酒蔵が国稀酒造です・・

良質な水に恵まれた増毛町に明治15年より創業しています。
主力商品は、国稀や北海鬼ころしがあります。
(兵庫県産の山田錦を使用しているようです)

酒蔵の建物は重厚な造りで・・立派です。
鰊寮で繁栄した名残なんでしょうね・・

利き酒の試飲が出来るのは嬉しい!
(全16種類あります・・)
車やバイクで自転車の方はNGですョ。
これから涼しくなってくると、月光浴で・・
日本酒のヌル燗で一杯は幸せの時間だ!!



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

帰郷(其の四)

近所の蔵元
今代司酒造です。
新潟駅から一番近い酒蔵で創業は1767年です。
現在の蔵元は9代目で醸造アルコールの添加を一切行わない純米酒造で、
純米大吟醸酒、純米吟醸酒、純米酒を製造してるようです。

江戸時代から明治初期の新潟は、北前船の寄港地で大変繁栄したそうです。
戦前の一時期、新潟は日本三大花街の一つだったとか・・
(ちなみに昭和初期の日本の三大花街⇒祇園、新橋、松島遊廓)
蔵は一流料亭の職人たちに鍛えられ味を追求したんですね~

この酒蔵はライブ(wai wai steel band)もあったようです。
この酒蔵はずっと昔から知っていたけど、行って見るものですね~(笑)



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★

特別本醸造

まぼろしの酒
田村酒造場です・・
東京都福生市の酒蔵です。
文政5年(1822)創業ので明治中期まで総本店として、
多摩、神奈川、埼玉に24の店蔵を持っていたようです。

重厚な佇まいの白壁の酒蔵です。
杉の玉(酒林)は新酒のシーズンではないので、枯れています。

特別本醸造 幻の酒嘉泉を購入しました。
冷蔵庫の中で・・呑まれるのを待っている。
蔵元めぐりは面白いかもしれないな~^^v



にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
★ランキングに参加中。クリックお願いしま~す★
プロフィール

こてつぱん

Author:こてつぱん
ようこそ!ちるだいとは・・・
気怠い(けだるい)
も~だるくて何もしたくない状態!
HP ”自走式婆沙羅の日々”も宜しく!
http://pan55hd.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード